過積載のピークカット時間は4時間30分

当設備の冬至の月、12月22日の発電実績と今月の最高を記録した4月15日の差は約2倍あります。

画像

2015年12月22日 (冬至) 天候晴れ 気温10°
日の出の時間 6時48分
日の入り時間 16時30分
太陽の高度 30.3度
発電実績 203.96Kwh


画像

2016年 4月15日 天候 快晴 気温 18°
日の出の時間 5時8分
日の入り時間 18時15分
太陽の高度 63.6度
発電実績 402.52Kwh


日照時間は9時間42分から 13時間7分 3時間25分日が伸び、太陽の高度が倍以上の高さになった。

4月15日は9時30分から14時まで4時間30分はピークカットになっています。

太陽光パネルは1.357倍の過積載になっていますので、予想どうりと言えます。

当設備の立地条件は周りに住宅があり、PCS1台が影の影響を冬の期間はどうしても受けてしまうのは想定していましたのでしょうがありません。過積載で補うことで設計しましたのでほぼ予想どうりと評価しています。

これから5月を迎えどの位の発電するかを見ていきたい思います。

太陽光発電ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。ポチッとお願いします。

太陽光発電 ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック