電気設備施工は要チェック事項です。

電気工事の施工はしっかりチェックする事が重要です。
再生可能エネルギーは20年の長丁場です。

業者やDIYで施工するにせよ、施工は納得した部材で安全に長期にわたって事故が発生しないように施工する事をです。

業者によっては部材の粗悪品を利用していることもあり、自分の目で見て、どんな部材かを見て下さい。
電線を保護するPF菅も2重の保護されている菅もあり、あきらかに違いがあります。

施工を業者で行う場合は、しっかりと施工した現場を見学して隅々まで見て下さい。気配りのある業者、適当な業者、いろいろです。自分の目で見て納得できる業者と行う事です。

とある現場の事例です。
画像


接続ケーブルが保護管で接続されていない。電線がとぐろを巻いてあるなど、クエスチョンです。

当設備の施工は、2重のPF菅で短くても、保護して、防水仕様のコネクタを使用しています。
画像


太陽光ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。

太陽光発電 ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック