発電実績の分析

当発電所が運転を始めて、早10ケ月が経過しました。
地理的条件は同一ではないのですが、他の野立て発電設備の発電量と比較することも、当発電所の評価することの意義があると思っています。

当発電所は栃木県、比較対象は千葉県です。直線距離で240km位離れております。
比較対象の発電所は60Kw(250W*240枚)と72Kw(250W*288枚)の過積載の野立て発電設備です。
多結晶の太陽光パネルを20°アルミ架台に設置。パワーコンディショナーは有名な田淵電機製9.9Kw*5台49.5Kw(三相三線式)で連系しています。

ロケーションは素晴らしいところで周辺は田んぼですので、影当の影響は72Kwの設備に配電線電線の影響が
多少はあるかな位の場所です。

当発電所の設計するときに参考にさせて頂いた設備です。

2015年度、2016年度の発電実績表です。
画像


当発電所は67.2Kwの過積載ですので、比較するとほぼ妥当な発電実績と判断できます。
今年の3,4月は当発電所の方が発電量が上回っています。

7、8月が発電実績データで1年間のデータが出来ます。シュミレーションとの比較や、今後のメンテナンスについて考えていきたいと思ってます。

太陽光ブログランキングに参加しています。
ポチッとお願いします。

太陽光発電 ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック