みなし認定事業計画登録の完了!!

すでに発電を開始している発電所において改正FIT法でやるべきことは下記の3つです。

1.フェンスの設置(1年以内に)
2.標識の掲示(1年以内に)
3.事業計画の提出(H29年9月30日までに)


詳細はhttp://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/dl/fit_2017/legal/guideline_sun.pdf


1.フェンスの設置は当発電所は設置済みなのでOK
2.標識はB4サイズ(257*364)のマグネットシートで所定の内容で看板業者に作成依頼
3.再生可能エネルギーの登録者IDでWEBにて、みなし認定事業計画登録を実施。 経済産業省からの認定確認メールの通知待ち。

画像


ログインIDは登録者IDです。

過去の申請で必要なかった事業区域の面積のデータを入力する必要があります。


事業区域の面積とは

再生可能エネルギー発電事業のための敷地面積を指します。設備の設置面積ではなく、当該事業のために確保した事業区域全体の面積を記載してください。

となっています。

1.2の実施したかの確認は

認定後において、認定事業者の方々に提出していただく費用報告の中で、柵塀および標識を設置したことについて、何らかの資料・データ等を報告していただくことを想定しており、詳細は今後検討します。

とのこと

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック