パワコンの自立運転方法 (災害時の緊急対応)

今日、北海道での震度7の地震。北海道電力が道内全域停電する事象が発生してしまってます。
社会インフラとして電気、ガス、水道が生活において必須です。電気が供給されないと、各設備が動かなくなります。携帯電話も充電できないなど、速やかな復旧が望まれます。再生可能エネルギーの発電所は、小さな規模ですが自立で昼間の日照があれば電気を供給できる能力を持っています。当発電所のSMAパワコンは連携時は3相200Vで49.5kwhの供給能力ですが自立運転モードにすると1台あたり100V1500Wの供給能力があります。
5台ありますので7500Wの供給が可能です。もし、発電所地域で停電が発生した場合は、この自立運転モードで発電電力を地域の皆さんに提供することが出来ます。

各パワコンに非常用のコンセントを設けていれば、良いです。

画像


自立運転の手順
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック