平成30年度、確定申告の時期到来(節税対策)

確定申告の時期ですね。

個人事業主とサラリーマン、12月の年末調整でサラリーマンの所得税が確定。太陽光発電事業は青色申告で所得税の申告となります。で、平成30年度税制改正にて、取引を正規の簿記の原則に従って記録している者に係る青色申告特別控除の控除額が55 万円(現行:65 万円)に引き下げられることとなりました。

太陽光発電事業では65万から55万の引き下げは節税対策としては大きいです。対策としては電子申告にする事です。すると、65万の控除が適用されます

電子申告

その年分の所得税の確定申告書、貸借対照表及び損益計算書等の提出を、その提出期限までに電子情報処理組織(e-Tax)を使用して行うこと

電子申告するにはマイナンバーカードとICカードリーダが必要だったのですが
画像


早速、税務署に行き、ID、パスワード方式でl利用者識別番号と暗証番号を取得。ICカードが普及するまでの暫定だそうです。

今年はまだ紙での申告でも大丈夫ですが、平成30年度分を電子申告完了。やれやれです。

あと、セルフメディケーション税制が2017年から加わって医療費控除の10万円よりオーバーした金額より、該当する医薬品購入で合計金額から12000円引いた金額が多い場合はセルフメディケーションを選択した方が節税出来ます。今年はこちらにしました。

"平成30年度、確定申告の時期到来(節税対策)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント